FC2ブログ

漆黒アーリーアクセスの旅【5.0ネタバレしかない】

ナモ

アーリーアクセスを目前にした24時間メンテ前、
漆黒の旅をスタートさせるジョブ装備になって
ログアウトしたナモですラリホー!


2_20190713201726e2f.png

パッチノート朗読会が行われる中、
もうわたしたちはメンテ中で誰もログインできなかったのですが、
Lodestoneを見ると誰もがメインジョブの姿でログアウトしてましたね。

裸の人もいましたけどね!!(ロスガル・ヴィエラ幻想待機勢)


Namo_Minnesinger_2019_06_21_00_45_07_20190713201440c91.jpg

わたしも例に漏れず、
今回は詩人ではなく暗黒騎士で進もうと決意したので

5.0で向かうことになる第一世界のクリスタルタワーをイメージした
ハイアラガン・ヘヴィコートゴルディオングレートソード
アーリーアクセス開始です!


ログイン戦争を超えてFCのほとんどの仲間たちも挨拶だけして、
あとはもうチャット通知全切りで駆け出しました。

Namo_Minnesinger_2019_06_28_18_04_16.jpg

・・・ホットバーのセットしなおし&木人叩きをしてからw







【ご注意】ここからは5.0のネタバレと、暗黒騎士ジョブクエのネタバレがあります


石の家(今回ここもインスタンス別れてましたね!)を出てここ原初世界にある
クリスタルタワーの裂け谷に赴いたと思ったら、

Namo Minnesinger 2019_06_28 18_16_03

Namo_Minnesinger_2019_06_28_18_17_03.jpg

すぐ喚ばれた。

Namo_Minnesinger_2019_06_28_18_17_25.jpg


はたから見たらいつものヒカセン頭痛なのに、
その様子を見るや速攻「いってらっしゃいです!」と言った
タタルさんの空気読む力すごかったです。


Namo Minnesinger 2019_06_28 18_25_18

次元を、時を超え、ついに降り立った第一世界。

モードゥナにどこか似た、
それでいてまったく空気の違う世界。


Namo Minnesinger 2019_06_28 18_24_09

わー・・・・むらさきー・・・・

エオルゼアの旅の始めに出会った、
ブレモン三兄弟によく似た旅商人にも出会います。


Namo Minnesinger 2019_06_28 18_23_04

クリスタリウムを守る衛兵たち、水晶公、
この世界を脅かす「罪喰い」の存在もすぐに出てきましたね。


そしてこの旅商人の出会いがその直後・・・・

Namo_Minnesinger_2019_06_28_18_27_58.jpg

最初からこれかーーーーーい!!!(怖)



「エオルゼアとはワケが違うから覚悟しろよ?」
言われているようで身が引き締まりました。


Namo Minnesinger 2019_06_28 18_30_11

Namo Minnesinger 2019_06_28 18_33_59

トレイラーやウォークスルー動画で事前に見ていたクリスタリウムに
実際に入ってみるとでっかーい!!


Namo Minnesinger 2019_06_28 18_35_36

エーテライトの色合いも原初世界とは少し違います。


Namo Minnesinger 2019_06_28 19_03_34

Namo Minnesinger 2019_06_28 19_03_39

なんでかどこかで見たトームストーンのスマホケースが売ってます。


Namo Minnesinger 2019_06_28 18_58_43

光の戦士を喚ぼうとしてめっちゃ召喚ガチャしてた水晶公(とその犠牲者の図)。


Namo Minnesinger 2019_06_28 19_05_04

妖精フェオ=ウルとの契約。


Namo Minnesinger 2019_06_29 09_36_46

宿に帰るたびに現れる第一世界の光の戦士だったアルバートさん

クエスト進行で行くことにならないかぎり宿に行ってなかったから
実質メインクリアまで宿でまともに休めなかった・・・w


Namo Minnesinger 2019_06_28 18_50_14

第一世界に残されたエリアはごくわずか。
原初世界のクガネやガレマール帝国のあたりはもう光に呑まれてしまっていました。


Namo Minnesinger 2019_06_28 19_38_45

最初に向かうことになったのはアルフィノが滞在している
原初世界のリムサ・ロミンサ?にあたるコルシア島と、


Namo Minnesinger 2019_06_28 19_41_52

アリゼーが滞在している、原初世界のウルダハ?にあたるアム・アレーン

どっちを先に進めるかは【蒼天のイシュガルド】同様、
プレイヤーに委ねられていましたが
わたしは危なっかしいアリゼーが心配なので先にアム・アレーンへ。

この世界に喚ばれた時期は暁メンバーそれぞれにズレがあって、
アルフィノとアリゼーはここにきてもう1年が過ぎていたそうです。


Namo Minnesinger 2019_06_28 20_07_55

Namo Minnesinger 2019_06_28 20_07_26

背・・・ちょっと伸びたよね?(顔つきが大人びた??)

罪喰いに襲われて、罪喰い化していく人が終世の住処にする旅立ちの宿。


Namo Minnesinger 2019_06_28 20_36_54

アリゼー、ここでもまたえらい目に遭ってます。
神さまはどれだけこの子に試練をお与えになるのか・・・;;


Namo Minnesinger 2019_07_12 03_45_46

人が罪喰いになる時は想像を絶する苦痛が伴う
とかいう話を聞いた直後にこれだよ!!!

お母さんを安らかに看取った子がなぜこんな目に・・・


「エオルゼアとはワケが違うから覚悟しろよ?」パート2です。


Namo Minnesinger 2019_06_28 20_42_33

それでも、
ときどき大泣きしながら気持ちを切り替えて前に進もうとするアリゼーは
原初世界でガ・ブに対峙したときの彼女のままで。


Namo_Minnesinger_2019_06_29_00_02_36.jpg

最初のダンジョンで罪喰い化したテスリーンに出会ったときも
「そう・・・」って。

東レ・パンパシでシャラポワ選手を見たことあるんですけど、
客席付近で(周囲歓声を全く聞かず)活を入れ深呼吸してまたゲームにのぞむ、
なんていうか・・・「プロってこういうことだよな」って、
そんな強さをアリゼーにも感じたのでした。



Namo Minnesinger 2019_06_28 21_01_55

一方、コルシア島ではお使いのエキスパートと化していたアルフィノ君。


Namo Minnesinger 2019_06_28 21_25_09

対するは欺瞞と傲慢と諦観がグチャグチャに混ざりあった、
それでいてその上層は限りなく純粋無垢な。
そのグロテスクなマッチングに思わずむせそうになる享楽の国。


Namo Minnesinger 2019_06_28 22_01_36

生まれながらに資産、教養、愛情に関して本当の意味で不自由なく
育った人の代表みたいな人々が、そこにはいました。

ここに住む人々に猜疑心や野心が生まれるとしたら、
それは地下から這い上がってきた者がもたらすのでしょう。
・・・リアルでのわたしたちのような層がねw


Namo Minnesinger 2019_06_29 00_23_53

光の戦士もとい、闇の戦士と呼ばれたわたしたちは
そんな光に満ちた世界を突き破り、夜の闇を取り戻しはじめます。


Namo Minnesinger 2019_06_29 00_14_07

水晶公にはじめに出会ったときに
「もしかしてグ・ラハ・ティア?」と聞く選択肢がありましたよね。
わたし、あそこであえて聞かなかったんですよ。
聞いた人に聞いたら、その時は「違う」と言われたそうですが。

もしそうならば、こちらから言わせるより、
そう伝えたいという意思をもって言って欲しかったからです。


Namo_Minnesinger_2019_06_29_00_29_49.jpg

わかる~~~~~~~~~(老人)


それにしても水晶公、偉い人なのに、
かなりヤンチャでしたよねwww


Namo Minnesinger 2019_06_29 02_09_31

クリスタリウムの人々とユールモア軍に立ち向かおうとするとき
「これで街ごと反逆者だ。あなた方も一員として加わるかい?」って
言ってたの、なにげに嬉しそうでした。



妖精郷イル・メグでの旅はめっちゃファンタジーでしたね!

Namo_Minnesinger_2019_06_29_03_39_41.jpg

妖精フェオ=ウルとの契約が「継ぎ目のない若木と枝」であることからはじまり・・・


Namo Minnesinger 2019_06_29 06_17_57

水妖たちとの遊び(※戦い)、そこかしこにある草人(※人間)、
わたしが幼いころ大好きだった、ヘンテコで残酷な、
一瞬でも気を抜くと魂ごと囚われてしまう妖精郷がそこにありました。


Namo Minnesinger 2019_06_29 08_55_51

美しい我が枝フェオ=ウルちゃんが、自分の代わりに妖精王を継いでくれました!
「楽しい祝宴を!(アクトラ・オルワ・イン)

妖精郷の邪魔者(ユールモア軍)が、とことんいたぶられる祝宴が始まりました。
草人にされる者、水の中に引き込まれる者、空中に吊り下げられる者・・・
いやぁ・・・敵に回したくないw


Namo Minnesinger 2019_06_29 09_02_07

Namo_Minnesinger_2019_06_29_08_55_04.jpg

妖精王を倒した光の戦士に、いつか来る決戦に加勢すると約束してくれます。

イル・メグではン・モゥ族との出会いも楽しかったですが、
先祖返りをして言葉を話すアマロたちとの出会いもありました。

Namo Minnesinger 2019_06_29 08_15_59

大昔、ロンカ帝国の魔法使いが魔法で知恵を与えた生き物・アマロ。
ここに暮らすそれぞれのアマロの名に一貫性はありません。


Namo_Minnesinger_2019_06_29_08_18_10.jpg

きっとセトと同じように、飼い主の住む国の言葉でもらった名前なのでしょう。


Namo Minnesinger 2019_06_29 08_18_30

冒険の相棒と再会できたアルバート、よかったね・・・!



ラケティカ大森林では、のっけから不審者扱いされ・・・

Namo Minnesinger 2019_06_29 20_00_09

おこらりた。


Namo Minnesinger 2019_06_29 20_05_15

マトーヤの名で呼ばれているヤ・シュトラさんと再会。
そしてロンカ帝国の遺跡を大冒険です。


Namo_Minnesinger_2019_06_29_23_12_37.jpg


Namo Minnesinger 2019_06_29 23_44_11

二度目のエンシェントテレポを使ってしまったヤ・シュトラさんを
(我々はあんなに苦労したのに)スマートに引き上げてみせた
アシエン・エメトセルクの魔法力にもびっくりしました。



さて、第一世界で「ミンフィリア」と呼ばれているこの少女。

Namo Minnesinger 2019_06_30 07_26_39


Namo Minnesinger 2019_06_29 02_24_00

クリスタリウムの博物陳列館で聞いたこの世界の「ミンフィリア」の話。
罪喰い化に耐性のある少女が代々「ミンフィリア」として、
罪喰いとの戦いの最前線に立ち、そして死んでいったそうです。

なんてこった・・・。


Namo Minnesinger 2019_06_29 04_01_22

第一世界に飛ばされたサンクレッドさんは、
無事?この世界の当代のミンフィリアを保護して狩り暮らし。
・・・ですがなんか、常に不機嫌そうでしたよね。
けれどリダ・ラーンでの一幕はかっこよかったですね!


サンクレッド 2019_06_30 07_06_19

ランジート将軍と一騎打ちしたときのサンクレッドさんも
かっこよかったですよね!(いちいち刻む)


Namo Minnesinger 2019_06_30 06_34_06

原初世界ではチャラチャラしてたけど、
最後は真剣に「ミンフィリアの兄」であろうとしたように、
不器用ながら「父親」になろうとがんばってたのかもしれません。
昭和の。


Namo_Minnesinger_2019_06_30_06_50_30.jpg

伝えたいことはちゃんと言葉にしろって
それMMOで一番言われてるから。


Namo Minnesinger 2019_06_30 07_32_35

Namo Minnesinger 2019_06_30 07_34_06

自分の在りように迷い戸惑っていた当代のミンフィリアは
廃都ナバスアレンで光の巫女に会い、光の巫女の力を宿して本来の姿に。

リーンちゃん、赤毛の女の子だったんですね。
めっちゃ可愛い!!


Namo Minnesinger 2019_06_30 07_42_58

当代のミンフィリアに新しい名前をつけるときにあいつ・・・
アシリアって付けなくて本当によかった(ふりだしに戻るとこだった)

今生の別れかもしれないシーンに、サンクレッドがわたしたちを行かせるために
戦っていて立ち会えないっていう状況が、なんか切なかったんですけど・・・でも。


Namo Minnesinger 2019_06_30 07_21_31

思えばヤ・シュトラもウリエンジェもアルフィノも、
廃都ナバスアレンに立ち会えなかった全員が、
ミンフィリアの暁に集ったメンバーでした。

サンクレッドはミンフィリアと特別な関係の人間ではなく、
リーンの父親役であり、暁であることを選択したのだと、
わたしは思いました。

それが分かっていたからこその、
あのサンクレッドの独白だったのだと思いますが。

だから、
「ミンフィリア・・・・」から続く字幕なしの彼のセリフは
「さよならだ」だとわたしは思いました。はい。

うん、お兄ちゃんかっこいい。



Namo Minnesinger 2019_06_30 02_39_46

今回本当にNPCが喋ってくれるので、スクショの数がえらいことになってます。
アーリー1日目だけでも1000枚超え・・・
水晶公、エメトセルク、アルバートのセリフは全部撮ってた感じですね。

エメトセルクの語った「古代人」「14に分かたれた世界」
「性質が14分割されて薄まっている」説。
「ゾディアークとハイデリン蛮神」説。


Namo Minnesinger 2019_06_30 08_49_58

・・・紅蓮の時も相当世界観新情報の連続で頭がパーンして、
ちょこっとしか語る余裕がないほどでしたが、
今回のメインストーリーではもう話についていくだけで精一杯ですw

アルフィノも言ってましたが、
ともあれこの第一世界を救わないことには・・・!!


Namo Minnesinger 2019_06_30 09_18_20

Namo Minnesinger 2019_06_30 11_39_39

第一世界に住む人たちの在りようを見て、
救いたいと思ったのも事実ですが
やっぱりメタ的に見てしまうわたしにとって、
この第一世界は「終わろうとしているMMO」なんです。

もうメテオは落とさせない。
終わるとしても悲しい終わり方なんてさせない。
そんな思いでメインを突き進んでいきました。


2_201907132127009ab.png

コルシア島のグルグ火山が天空に浮かび上がったとき、
巨大タロースを建造するべくユールモアの人たちと一緒にがんばったとき、
水晶公と一緒に進むインスタンスバトルがありましたね。

【漆黒のヴィランズ】では胸に迫る展開の連続で
泣きまくったとフレさんたちも話していましたが、
実はわたしがリアルで泣いたのは唯一ここでした。


スクリーンショット_2019-07-09_16_11_41

ここのバトル、水晶公のこのセリフから始まって、


3

いきなり「破砕」(クリスタルタワー/シルクスボスBGM)が
流れるんだもの・・・。

iTunes.png


いくら核心に迫ろうと、その片鱗を見せていようと、
自分からは絶対に「そう」だと言わずに一緒に戦ってきた水晶公。

ヒカセンにはバレバレだとしても、
メインクエストが終わっても明かさないまま物語が
進んでいくのかなぁ・・・と、半ばあきらめていた矢先でした。


Namo_Minnesinger_2019_07_01_02_26_47.jpg

暗黒騎士で進んできたので、もう必死にタゲとってバフ炊いて、
水晶公にブラックナイト投げながらだったので涙を拭う余裕もなかったけどw

ああ、やっぱり君だったね、と、安堵からか、
だーだー泣きながら戦いました。


スクリーンショット_2019-07-09_16_09_11

しかもあとで見返したらここのインスタンスバトルがあるクエスト名、
「採掘と破砕」なんですよね・・・ちくしょう。



Namo Minnesinger 2019_06_30 23_58_36

Namo Minnesinger 2019_07_01 00_01_38

Namo Minnesinger 2019_07_01 00_01_55

ユールモアの元首との戦いが終わり、大罪喰いを倒し尽くして
光の力を抱えきれなくなった光の戦士の前に、公は覚悟をもって現れます。

うん、うん、君だね。

えー。
さよならとか。えー。

再会できたばっかりなのに。

この世界はここまできてそんなに残酷な・・・・・・


Namo Minnesinger 2019_07_01 00_02_38

はい?


Namo Minnesinger 2019_07_01 00_04_42

エメトセルクさん!!!(思わずさん付け)


Namo Minnesinger 2019_07_01 02_56_51

水晶公をさらって、
コルシア島の海中深くへ。

レベル79で討滅戦があったということは、
80でも何かあると思ってはいましたが・・・


Namo Minnesinger 2019_07_01 04_03_50

こんなラストエリアを誰が予想できたでしょう。

Namo_Minnesinger_2019_06_30_11_39_44.jpg
Namo_Minnesinger_2019_06_30_11_39_50.jpg
Namo_Minnesinger_2019_06_30_11_40_04.jpg

Namo Minnesinger 2019_06_30 11_40_22

Namo_Minnesinger_2019_06_30_11_40_22.jpg




Namo Minnesinger 2019_07_01 04_16_12

幻想都市アーモロート。
トマス・モア著『ユートピア』の首都の名を持つこの遺構。


Namo Minnesinger 2019_07_01 22_53_19

なんて巨大で、哀しい。


さっき第一世界をメタ的に「終わりゆくMMO」と言いましたが、
この視点だとエメトセルクはもっともっと古いゲームの、
サービス終了カウントダウンの場にたった一人残った
『オーバーロード』的なそれに重なって・・・。


Namo Minnesinger 2019_07_01 02_56_34


街をゆく巨人は、エメトセルクの魔法で再現された古代人の姿。
アシエンがローブ姿に仮面なのは、この格好だったのですね。


Namo_Minnesinger_2019_07_01_04_54_36.jpg

Namo Minnesinger 2019_07_01 04_55_02


Namo_Minnesinger_2019_07_01_05_01_28.jpg
Namo_Minnesinger_2019_07_01_05_01_41.jpg
Namo_Minnesinger_2019_07_01_05_02_07.jpg

Namo Minnesinger 2019_07_01 05_02_18

エメトセルクの「雑念」が再現したヒュトロダエウスが
アルバートの魂を引き連れたわたしを
「懐かしく、新しいキミ」と呼びました。

かつて光の戦士は、ひとつの魂だったのだと。
分かたれる前は、エメトセルクの知る誰かだったかもしれないと。


Namo Minnesinger 2019_07_01 05_19_54

この巨大で寂しくて、哀しい幻想都市での最終決戦。

今回のセリフ選択肢、UIデザインが変わりましたが、
すばらしかったですね。
画面の空気や没入感を損なわず、
個人的にSSのためにUIを消す必要がほぼなくなりました。


Namo_Minnesinger_2019_07_01_05_06_45.jpg

ここ。
いつもの選択肢が出ましたね。


Namo_Minnesinger_2019_07_01_05_09_58.jpg

わたし、紅蓮のメインストーリーではこっちを選んでいたんです。
でも、今回は自然と、この世界のための選択肢(2行目)を選びました。


あの言葉をくれた「友」は、
きっとわたしの中で昇華したのです。

あれはわたし一人に対して友が言ってくれた言葉であって。
もう、誰かに対して口に出して聞かせる必要がないほどに。


Namo Minnesinger 2019_07_01 06_14_01

エメトセルク、真の名をハーデス。
最終決戦は、絶対に折れるわけにはいかない願いと祈りのぶつかり合いです。
あちらも勝てると思って力をふるうのなら、イーブンです。


Namo Minnesinger 2019_07_01 06_19_39

エメトセルクの世界は、わたし個人としては取り戻させてあげたい。
原初世界も第一世界も人同士の争いは絶えず、愚かしい小競り合いは
これからも続いていく・・・

それに賭けてきた情熱や時間もですが、倫理的に考えたら、
どう考えてもまだまだ不完全なわたしたちの世界は不利かもしれない。


でもね。

この世界を常にメタ的に見てる
わたしを甘く見てもらっちゃ困ります。


Namo Minnesinger 2019_07_01 06_14_30

どちらがサービス終了するかって言われたら
絶対に負けられないんですよ(真顔)



Namo Minnesinger 2019_07_01 06_13_53

水晶公がフルバフで召喚術を行ってくれました。
「時空を超えて来たれ!」


23_20190713220413ac2.png

光を放つ7本の柱。

わたしを入れて8柱。

ここから移動するなんてできませんでしたw
募集にちょうどハーデス戦が立っていました。


24_20190713220754492.png

22_20190713220803374.png

25_201907132207549b5.png

今回最も震えたバトル開始カット。


Namo Minnesinger 2019_07_01 06_34_07

バトル演出。


Namo Minnesinger 2019_07_01 06_38_35

あの形で顕れた、最後の「あと一歩」。


Namo Minnesinger 2019_07_01 06_40_05

道を譲った者。


Namo Minnesinger 2019_07_12 04_51_33

Namo Minnesinger 2019_07_01 06_43_44



そして、

Namo Minnesinger 2019_07_01 06_51_43

語り継がれていく物語。



Namo Minnesinger 2019_07_02 01_33_34

【漆黒のヴィランズ】5.0完走ですヽ(;▽;)ノ
アーリー4日目でした。
紅蓮とほぼ同じペースかな。






Namo Minnesinger 2019_07_02 01_36_39

いやもう何が素晴らしかったって全部なんですが、
長年伏せられていたアシエンのことや、
水晶公の長い長い戦い、
それらをひっくるめて長い冒険の旅が終わって


数日ぶりに原初世界に戻ってきたとき。

Namo Minnesinger 2019_03_20 01_04_18

何も起きてない!!!

あたりまえっちゃあたりまえだけど、いつもの世界です。




最近始めた新規さんはまだ漆黒の戦いを知らないし、
エオルゼアに暮らす人々もわたしの旅を知らない。
暁関係者を除いて、だれひとり。

この「なにも起きてない」感じが
一番すごいなと思いました。


第一世界でリテイナーを呼び出すときは
契約したフェオ=ウルがリテイナーの夢に潜り込んで
用件を伝えてくれるという設定です。

なにも連れていけない。
なにも連れて戻れない。


Namo Minnesinger 2019_03_26 19_28_32

帝国との膠着状態は、紅蓮さいごの状態のまま続いている。


ここから長くて短い2年がはじまります。

ふたつの世界を生きるわたしたちに、
これからどんな冒険が待っているのでしょう。


Namo_Minnesinger_2019_07_01_07_54_35.jpg

エキスパートダンジョンルーレット開放のために
【創造機関 アナイダアカデミア】
【異界遺構 シルクスツイニング】
この2つのダンジョンも行ってきました。

Namo Minnesinger 2019_07_02 00_06_07

Namo Minnesinger 2019_07_02 00_50_00


このどちらのダンジョンでも、
途中でデータログや記述が読めますね。
メインクエストが終わってさらに新事実ドーン。
油断してました。

Namo_Minnesinger_2019_07_02_01_32_16.jpg
Namo_Minnesinger_2019_07_02_01_32_24.jpg
Namo_Minnesinger_2019_07_02_01_32_30.jpg
Namo_Minnesinger_2019_07_02_01_32_37.jpg


Namo_Minnesinger_2019_07_02_01_33_01-2.jpg


Namo_Minnesinger_2019_07_02_01_32_42.jpg
Namo_Minnesinger_2019_07_02_01_32_51.jpg
Namo_Minnesinger_2019_07_02_01_33_01.jpg


ガーロンドアイアンワークスすごい・・・。




Namo_Minnesinger_2019_07_01_07_19_49.jpg

暗黒騎士で進んだからには、
レベル80のジョブクエもやってきましたよ!(暗黒騎士クエのネタバレありますよ!





Namo_Minnesinger_2019_07_01_07_34_01.jpg

Namo_Minnesinger_2019_07_01_07_34_01-2.jpg




Namo Minnesinger 2019_07_01 07_35_48

Namo_Minnesinger_2019_07_01_07_35_54.jpg

Namo Minnesinger 2019_07_01 07_36_20

はい、今回は結構な無茶をしましたw
まずタンクで進むなんて怖くて絶対ムリだったわたしですし、
リアルで言えば睡眠時間を削りまくってましたし、
さいごは罪喰いになりかけちゃいましたしね。


Namo Minnesinger 2019_07_01 07_36_53


Namo Minnesinger 2019_07_01 07_58_25

暗黒騎士レベル80の「影身具現」、習得しました。

これに会いたくて、がんばって進めてよかった・・・!
おかげで極もタンクで行くはめになって涙目なんですが(真顔)。

さらにがんばりました。



Namo Minnesinger 2019_07_05 23_00_10

極ティターニア


Namo Minnesinger 2019_07_07 23_50_02

極イノセンス


機工士のロボットと合わさると、めっちゃ人数が多いですw


Namo_Minnesinger_2019_07_07_23_50_44.jpg

さてこれからまた極たんぽぽ討滅戦であまり時間がとれませんが、
F.A.T.E.を回るのも楽しいし、Aモブにもまだ全部会ってないし、
ハウジングや新装備もまだ全然チェックできていません。

さらにまもなく8人レイドが実装されます!

漆黒メインの余韻でしばらくボンヤリしてしまい、
ギャザクラレベリングも全然追いついてませんが・・・

早く自分のペースを取り戻さねば!!!



うん、漆黒は、うん・・・・
昨日みたすごく胸躍る夢を、語ろうと思っても簡潔に語れない、
描こうと思ってもその輪郭をスマートにとらえられない・・・

・・・どっかで聞いたことあるな?


そんな現象に悩まされていますw


はー・・・。


Namo Minnesinger 2019_07_06 23_23_20

Namo Minnesinger 2019_07_12 03_37_25

ffxiv_20190711_034527_025.png

・・・まだしばらくボンヤリ余韻に浸ろっと♪

関連記事
スポンサーサイト



Posted byナモ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply