FC2ブログ

ほんものの思い出【祝・5周年の新生祭】

ナモ

※今年の新生祭のネタバレがありますよ〜〜

Namo Minnesinger 2018_08_28 00_02_41 

わたしがこの世界に降り立って、4回目の【新生祭】がやってきました!
そしてエオルゼアにとっては「新生」して5年目。


Namomo_Namo_2015_08_27_20_32_51.jpg 

Namomo_Namo_2015_08_28_18_09_012.jpg 

FF14をスタートして初めてのシーズナルイベントが【紅蓮祭】と、
連続して開催されるこの【新生祭】だっただけに、
とにかくその背景を調べまくりました(「新生」ってそもそも何?って思いますからね)

このゲーム自体が一度死んで生まれ変わった経緯や、新生前の世界を守り抜いた
「レガシー」と呼ばれるプレイヤーの存在を知ることができて、
ぶわわっと、いまわたしが立っている場所の尊さみたいなものを強く感じることができて。


「あの時」わたしはここに居ることができなかったけど、
いつか「世界が閉じていく」瞬間に立ち会ってみたい!と憧れを新たにし、
わたしにとってのFF14を再確認できる、一番思い入れのあるイベントです。



新生祭_2018___FINAL_FANTASY_XIV__The_Lodestone 

そんな背景もあって、今回の【新生祭】、
イベントのイラストを目にした時は鳥肌が立ちました。

迫りくる帝国兵とモンスター、
迎え撃つのはレベル50キャップ時代のジョブ専用AF装備を着た冒険者たち・・・


これってアレじゃないですかぁぁぁ!!!!


Namo Minnesinger 2018_08_27 22_56_21 

イベントは
「第七霊災時に起こった帝国軍の侵攻事件について記事を書くにあたっての取材協力」

ウルダハに居る「当時を知る」冒険者や兵士たちに話を聞きます。


Namo Minnesinger 2018_08_27 22_56_48 

見た見た。調べた!知ってますそれ。


Namo Minnesinger 2018_08_27 23_00_08 

Namo Minnesinger 2018_08_27 23_00_21 

たくさんのレガシープレイヤーが残した動画、ブログ、Twitterで語られてきたこと。


Namo Minnesinger 2018_08_27 23_01_29 

すこしでもその時の気持ちを知りたくて集めた情報。


Namo Minnesinger 2018_08_27 23_03_44 

Namo Minnesinger 2018_08_27 23_02_33 

それをゲーム内で当時を生きたNPCから再び聞くことができて、
ああ本当に起きたんことなんだなあって(もちろん疑っていませんがw)
しみじみとしてしまいました。


Namo Minnesinger 2018_08_27 23_05_29 

そして「異邦の詩人」が奏でる「第七霊災」・・・・。


Namo Minnesinger 2018_08_27 23_07_13 

今年は生足をチラつかせて魔導アーマーから下りてきたヨシダ・ナオキw
毎年ありがとうの言葉をもらうけれど、こっちがありがとうですよほんと。


Namo Minnesinger 2018_08_27 23_08_24 

楽譜とミニオンが貰えるシーズナルクエストはここで終わりです。



Namo_Minnesinger_2018_08_27_23_53_01.jpg 

さらに3国のランドマーク付近に一定時間現れるNPCに話しかけると・・・

なんと軍事演習の形で旧14が終わる時に展開された、
冒険者たちによる都市防衛戦のワンシーンがプレイできます!!!

これ、

ただのインスタンスバトルと思いきや・・・


Namo Minnesinger 2018_08_27 23_12_25

みてください。
衛星ダラガブがまだ空にあります!!


Namo Minnesinger 2018_08_27 23_26_36 

わたしたち新生以降のプレイヤーが見ることはもう叶わない、
「ダラガブが墜ちてくる前の世界」です。


Namo Minnesinger 2018_08_27 23_41_30 

F.A.T.Eの形でウルダハ市街に現れる帝国軍やモンスターと戦う冒険者。

あのとき、ここにいたのは現在「レガシー」と呼ばれる冒険者たちだけ。


Namo Minnesinger 2018_08_27 23_16_04 

そして今、レガシーと新生新規の冒険者が同じ場所で、肩を並べて戦っています。

おおお・・・・

なんということでしょう・・・;;(語彙力)。


Namo_Minnesinger_2018_08_27_23_19_50.jpg 


もちろん今ではレガシーも新規も分け隔てなく、この世界に暮らして一緒に遊んでいます。
自分がレガシーであることや、当時の様子を語る人もわたしの周りでは多くありません。


きっと5周年のこの節目に、ここにきて、
プレイヤーの間で「今こそ語ろう」なのでしょう。



あいてむ 

このF.A.T.E報酬の手形で貰えるのはいつもの花火(笑)と、

旧14のヒルディクエスト『勇者と事件と灰と剣』でヒルディブランドが
エオルゼアを守るためダラガブに突っ込んでいく前、手渡されるマンダヴィルイヤリング

旧14最後の最高難易度コンテンツ『紅月下の戦い』のクリア報酬でもあるホワイトレイヴン
こちらは旧14に見切りをつけ離れていく冒険者も多い中、PTを組んで攻略していくことも
難しかった頃にこれを征した証でもあるイヤリングです。


Namo Minnesinger 2018_08_29 04_47_44 


わたしはこれらに「レプリカ」が付いていない理由を
三日三晩考えてました(実際はもっと悩んだかも)



Namo_Minnesinger_2018_08_29_04_38_33.jpg 

大迷宮バハムートの報酬武器もですが、基本的にこの世界では実際にコンテンツをクリアして
得てない武器や装備はほとんど名前の前に「レプリカ」が付いています。

なんでだろう・・・?


Namo_Minnesinger_2018_08_29_05_01_27.jpg 

今でこそ装備レベル50でなにも恩恵のないステータスのアクセだけど、
当時クリアしたレガシープレイヤーにとって仲間と掴んだ勲章のようなものだったはず・・・。

こうして誰でも取得できるようになれば、その価値が揺らいだ、
功績が無かったことにされたと考えてしまう人もいるかもしれません。


Namo_Minnesinger_2018_08_29_04_45_08-2.jpg 

その可能性を考えられない運営じゃないことは百も承知なので、
なんだか謎掛けをもらったような気持ちでウンウン悩んでいましたw






「うわー懐かしいなー。」





と、ある日TwitterでFCメンのるーくさんが言いました。
彼は当時を知るレガシープレイヤーさんです。


Namo Minnesinger 2017_06_01 21_39_47 

しばらくインしていなかったるーくさんですが、
わたしたちが【新生祭】の様子をSSで上げているときにリプライでくれた言葉。



「ネールと戦いながら隕石処理とかしてたんだよねー。」
「ダラカブが落ちる直前みたいなバトルでねー。めちゃめちゃ熱かったよー」


Namo Minnesinger 2016_09_10 04_35_35 

Namo Minnesinger 2016_02_07 04_35_48 

今では大迷宮バハムート侵攻編4層の舞台となっている「紅月下の戦い」のステージ。


Namo Minnesinger 2016_02_07 04_36_01 

当時はあの周りに浮遊する遺構を右左とせわしく駆け上って、遠隔ジョブが
墜ちてくるダラガブの破片を撃破しながらネールと戦ったそうです。

そう聞いて、あらためて「紅月下の戦い」を動画で探して見ました。
今とは違うUIで、AoEも無く、それでいてものすごい早さでスキルを発動する冒険者たち。
決まったフェーズで担当ジョブが散開・処理を繰り返す光景・・・・

旧時代を知りたくて何度か見たことのある動画でしたが、
今FCメンでフレンドで遊んでくれるるーくさんたちもここにいたんだなーと思うと
また違った感慨深さが、こころに上書きされていきます。




Namo_Minnesinger_2018_08_27_23_12_25.jpg 

今回、軍事演習として追体験できる「ウルダハ騒乱、ふたたび」。
英語のタイトルは「THE CALAMITY RETOLD」

「再び語られる霊災」


「語り手」はウルダハ市街にいたNPCたちだけじゃありませんでした。


あの日、あの時を確かに生きたレガシープレイヤーたち。
日常語ることのなかった思い出を、このイベントをきっかけに語ってくれる先輩たちがいました。
(Twitterだとマイディーさんが代表格ですね。いち早く当時の様子をまとめて紹介してくれました)


Namo Minnesinger 2018_08_27 23_42_46 

そして過去と今をつないだ思い出を共に重ねて、
疑似訓練とはいえ、肩を並べてウルダハ騒乱を戦ったわたしたち。


これはシステムがくれた単なるシーズナル記念品じゃなくて。

レガシープレイヤーの先輩たちが
わたしたちと共有してくれた「思い出」だから
「レプリカ」が付いていない「本物」なんだ。




むしろ偽物であってはならない。

わたしは、そう思い至りました。



Namo Minnesinger 2018_08_29 05_15_01 


捨てられない宝物がまたひとつできました。




新生祭の間だけだと思いますが、軍事演習を終えただけって人は
ぜひナル大門の外に行ってみてください。

Namo Minnesinger 2018_08_29 05_08_42 

門の前にグゥーブーたちがいます。
これ、レガシープレイヤーだけが乗れる絨毯つきのグゥーブーです。

当時各サーバーで、都市内部に敵が押し寄せてくるなか、冒険者たちは
ナル大門の外にこうやって防衛線を張っていたそうです。

Namo_Minnesinger_2018_08_29_05_13_15.jpg 

その光景をこうやってささやかに再現してくれているのも、ジーンとしちゃいますね。


Lodestoneでも今回の新生祭を受けてレガシープレイヤーの先輩たちが、
当時のSSと共に思い出を語ってくれている日記が上がっています。
「第七霊災」とか「新生祭」とかのワードで検索してめぐって、
当時に想いを馳せてみるのも楽しいですね!(*´∀`*)






Namo Minnesinger 2018_08_29 05_37_28 

新生5周年、おめでとうございます。
日々泣いたり笑ったりしながら、飽きっぽいわたしがもう4年目を迎えます。

14時間放送ももうすぐですね!

アクセ以外何と交換するでもなく余った手形を一生分の花火と交換しながら(笑)、
またみんなでワイワイ見ながらお祝いする放送日を楽しみにしています!

関連記事
スポンサーサイト



Posted byナモ

Comments 2

There are no comments yet.
名無しのヒカセン  

真っ直ぐに感じられる心がとても素晴らしく癒されました

2018/08/30 (Thu) 00:41 | EDIT | REPLY |   
ナモ  
Re: タイトルなし

ありがとうございますv-22
わたしの大好きな「支えてくれた人たちと、新生したFF14」は
できるだけ真っ直ぐな形で伝えていきたいです!

2018/08/30 (Thu) 16:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply