追いたい背中【FOR相談室02】




Namo_Minnesinger_2017_08_30_22_05_33.jpg 


ここは某所にある、FOR(お祭り集団Fools of Round)の個別相談室。

紅蓮祭が終わり、新生祭が始まったころ、お客様がいらっしゃいました。



Namo_Minnesinger_2017_08_31_00_30_50.jpg 


今回の相談者はかでんさん

紅蓮前から初心者支援を精力的にやっていて、たびたび若葉さんの初見コンテンツにヘルプで声をかけてもらったこともあります。


Namo_Minnesinger_2017_07_17_22_24_00.jpg 


そんなかでんさん、最近悩みがあるようです。


Namo_Minnesinger_2017_08_30_22_30_52.jpg 

「FOR相談室へようこそ〜!」



「・・・あれ?」


Namo_Minnesinger_2017_07_17_22_24_00_20170901065627fdf.jpg 
ちゃちゃまるさん・・・のびた?



ちゃ「先週成長痛に悩まされ・・・気がついたらアウラになっていました!」



成 長 痛 !!(衝撃)



Namo_Minnesinger_2017_08_30_22_36_06.jpg 


かでん「相談は、こっちのるなちゃんの事でなんだけどね」


あ、かでんさんがいつも面倒を見てあげてる仲良しフレさんってことで、お二人とも連れてこられたのですね(成長痛・・・)


「ようこそ!ここはFORが経営しているお悩み相談室なんですよ〜!」


るな「なるほどー」


どうやら相談室に来た理由、それ前にここがお悩み相談室だということも、お二人ともまだ聞かされていなかったようです(成長痛・・・)


「それで、かでんさん、お悩みというのは?」



「この子、るなちゃんはすごい頑張り屋さんで、始めて3ヶ月で紅蓮のメインストーリーまでクリアしたんだよね」


Namo_Minnesinger_2017_08_30_22_57_39.jpg 


「おお〜すごいですね!!はやいっ」



「でも実は・・・紅蓮のメインの途中のある蛮神戦で彼女、心が折れそうになっちゃったことがあるんです」


「ありました・・・><」


「ふむふむ。」


「それ以来その蛮神戦には怖くて行かなくなっちゃったんだけど、それでもちゃんと続けて、メインストーリーをクリアできた。すっごく頑張ったんだなって私も嬉しくなったよ!」

「泣けてくる・・・><」


ほんわかした空気。

感激している、るなさんをナデナデしている、ちゃちゃまるさんw








「そんな頑張り屋のるなちゃんがね、零式に挑戦したいって」








ファ!?

Namo_Minnesinger_2017_09_01_19_59_12.jpg 


「零式・・・それは・・・現在最新の【次元の狭間オメガ:零式】のことですか!?」



「そうなの」








「・・・・・えっと、」


「ち、ちなみにるなさんは、過去の極蛮神過去の零式に行ってみたことは?」






いえ、まだないです(´・ω・`)」




・・・・なるほどッッ!!!(迫真)」




チラッと、るなさんの装備を覗いてみました。

左右ともに70IDドロップの装備混じり。零式にチャレンジするために必要なのは、原則としてアイテムレベルだけですが・・・それも含めてかでんさんが悩んでいることが何なのかは、聞かずともハッキリ伝わってきました。


Namo_Minnesinger_2017_02_12_23_14_39.jpg 


頑張りやさんだけど、メインストーリー上にあるバトルで経験したPT戦の空気に心が折れそうになるほど繊細な、るなさん。

そんな、今までとても大切に見守ってきた子だからこそ、「行きたい」と言われて思い悩んだ。


Namo_Minnesinger_2017_09_02_00_38_47__1_.jpg 


どんなに誰でも気軽に行ける場所と言われていても、かでんさんは「そうじゃない場所」もたくさん経験してきたから。

「そうじゃない場所」に触れて、心がすり減って、せっかくハイエンドに挑めるレベルにまで到達しながら、この世界そのものを去っていった仲間たちもいるから。


この世界にいる時間が長くなればなるほど、たくさんのコンテンツに挑めば挑むほど、PLLでの説明やゲームの原則じゃ説明できない、ルールなんかじゃ縛れない、人のこころの揺れ動きをたくさん見ることになる。それは強さや絆や優しさだけではなく、見たくなかったもの、知りたくなかったものも・・・。


Namo_Minnesinger_2017_02_14_22_46_50.jpg 


いつだってわたしたちには「行きたい」人を止める権利はない。

攻略を果たして喜んでいる友の姿を見るのは、なによりも嬉しい。

ただ、一方で「あのとき止めていれば・・・」と悔やんだ事も少なくない。


エンドコンテンツは「そういう場所」だから。



それに挑む気持ちや、心構えや、それを得るための経験が圧倒的に足りていない今、一体どうしたら、エンドコンテンツで心折れることなく、楽しく攻略させてあげられるか。


なにより零式をどんどん攻略していく実力と覚悟とポテンシャルを持ったかでんさんの背中を見てきたるなさんです。

かでんさん自身、経験を活かしながら今回もいい形で零式を日々攻略しているのでしょう。それを見てやってみたい!と思うのはあたりまえで、とても自然なことだと思います。




かでん 
ーー楽しんでほしい。折れないで長くプレイしていてほしいーー

るな 
ーー追いつきたい。そしていつか並んで一緒に笑いたいーー



この構図、先輩と後輩が混在するこの世界では本当によく見かけます。

そのまま前へ進んで、うまくいったケースも、そうでないケースも・・・。




しかしこれは・・・

緩和が来る前の零式に挑むプレイスタイルではないわたしにとっては一人で受けるには大きすぎる相談!




ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ・ ・ ・





エマージェンシー!!!!!

Namo-Minnesinger-2017_08_31-00_30_50.jpg 

FORメンバーで現在動ける者は、
至急、相談室まで来られたし!!



Namo_Minnesinger_2017_08_30_22_00_13.jpg 

Namo_Minnesinger_2017_08_30_22_04_33.jpg 

コールを受けて集まってくるメンバーたち。




忍者の【隠れる】でそーっと入ってきてねって言った・・・のに・・・

そーっと・・・


ユニフォーム姿で歩いて・・・


Namo_Minnesinger_2017_08_30_22_39_45.jpg 

普っ通ーに相談中のわたしたちの横を通って・・・・


Namo_Minnesinger_2017_08_30_22_30_55.jpg 

ドア開けて・・・入っていきよった・・・





まぁ・・・いいや・・・・()



「あの・・・なんか人影が見えた気がしますが・・・気にしないでください・・・」

「はい!」




えー・・・おっほん。



「はい!るなさん!」


「わたしは極ナイツで心が折れて3ヶ月ギャザクラに逃げたことがあります!」


「!」

「!」



「そんなわたしがこの相談に一人で乗るのは心もとないので・・・」

「いま現役で零式に挑んでいる先輩たちにヘルプを求めます!!」


さあ、みなさん、出番です!!(棒読み)


Namo_Minnesinger_2017_08_30_22_56_32.jpg 


「わあ!」

「おおー!」

「な、なんだってー!!(棒読み)」


Namo_Minnesinger_2017_08_30_23_00_44.jpg 


「はい、こちら、お祭り集団FORのメンバーでして。」

「かでんさんのご相談を受けて助力をお願いしようと・・・」


「今呼びました!!!

Namo_Minnesinger_2017_09_01_20_00_45.jpg 
なぞの圧力


「・・・お、おう」


「早速ですが、いまのご相談をうけて、零式を攻めている先輩方から何かアドバイスを。」




かぶ「はい!はい!はい!」


「はい、かぶんさんどうぞ。」



「いきなり零式よりは、過去の極などで自分のレベルを確かめるほうがいいように思います」


Namo_Minnesinger_2017_09_01_23_56_16.jpg 


「ただ、零式のレベルを肌で感じてみるのもありっちゃありなので、もし行くのでしたら我々と一緒に。いくらでもお供しますよ!!


ココ「セフィロトとかニーズにゃんとかスゴく楽しい極もあるのでぜひ体験して欲しいです!」


「そうですね・・・!」


るなさんはまだギミックや散開マクロやフェーズごとの攻略に全く慣れていない状態。ここで一人で零式に飛び込むよりは、まずは身内で行ってけちょんけちょんにされたほうが気持ちも楽ですし、今頑張って攻略している見知らぬ冒険者さんたちにご迷惑をかけることもありません。

まぁ、けちょんけちょんにされるのは主にわたしですがね!!!(迫真)



「ありがとうございます;;」



Namo_Minnesinger_2017_08_30_22_54_30.jpg 









と、いうことで。




Namo Minnesinger 2017_08_31 00_29_55 


ここはクルザス中央高地・イクサル族のナタラン入植地



そう、るなさんが【零式】へ挑むために選んだのは・・・




Namo_Minnesinger_2017_08_30_23_33_04.jpg 


【極ガルーダ討滅戦】


過去の極蛮神をレベルシンクで攻略し、8人で協力してギミックを超える経験をしてもらうこと。


Namo_Minnesinger_2017_08_30_23_54_46.jpg 

自分はできて仲間に出来ないこと・仲間はできるのに自分にできないことがあること。視野を広げ、それらを発見すること。


Namo_Minnesinger_2017_08_30_23_34_39.jpg 

それらを指摘したりされたり、自覚したりして克服すべく、8人で話し合って相談して励まし合って、一歩ずつ前に進むこと


しぬ 

Namo_Minnesinger_2017_08_30_23_32_26.jpg 

先輩だって色々忘れてること(土下座)。





やがて過去のギミックを盛りに盛った最新の【零式】で、堂々とプレイできるように。

そして大好きな先輩や仲間たちと、並んで一緒に笑える日が来るように・・・。


Namo_Minnesinger_2017_08_31_00_46_18.jpg 


光の戦士かでんさんと、新米光の戦士るなさんの挑戦はここから始まったのでしたーーー。




Namomo Namo 2015_09_15 02_42_21 
関連記事
スポンサーサイト
ナモさんのかおwww
[ 2017/09/02 07:32 ] [ 編集 ]
Re: esbeeさん
必死だったんや!!!(くわ)
[ 2017/09/02 15:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

ナモ

Author:ナモ


2015/7月から
Pandemonium鯖在住の


Namo Minnesingerナモ  ミンネジンガーです。
(旧Namomo Namo)

メイン:吟遊詩人 
サブ:ナイト
   暗黒騎士
   白魔道士



この世界の終わりに立ち会う

大目標のもと、のんびり気ままに

過ごす500歳のララフェルの

FF14SS日記です。


お役立ち情報はないです。




[所属FC:merry friends]

“mf”

↑ごあんない(Click)


自己紹介的なものはコチラ
Lodestone



[紅蓮カウントダウン応援!]

“カウントダウン”




Copyright ©2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

最新記事
コンテンツリプレイに夢中です【4.2あれこれ】 Feb 05, 2018
パッチ4.2を待ちながら赤魔70 Jan 22, 2018
年明けから運動した500歳【今年もよろしくお願いします】 Jan 04, 2018
星芒祭と「やりたいこと」「できること」 Dec 26, 2017
第40回PLL(パッチ4.2情報パート1)自分メモ【どこまでいくの】 Dec 17, 2017
はぴばとMYゴリラと星芒祭【バハ全層ツアーを添えて】 Dec 17, 2017
恋したゴリラと誕生花 Dec 05, 2017
数のおはなしとRW徒然 Dec 02, 2017
タンク職カンスト&パッチ4.15 Nov 24, 2017
占70&戦69そしてギャザクラ新ステージへ Nov 11, 2017
Twitter...
visitor