涙のヒラ修行【〜LV60、そして】



Namo_Minnesinger_2017_03_06_02_40_53.jpg 

ラヤ・オ・センナヤラ・オ・センナと間違えたまま

Lv1〜50の白魔道士クエストを半泣きで駆け抜けたナモですこんにちわ。




>>タゲれないヒラと行くオーラムヴェイル。お付き合いくださる方いらっしゃいましたら!



>>すぐテンパる白ですがレベルレ行きたいです!お暇な方いらっしゃいましたら!!




明らかに嫌な予感しかしない募集文のレベリングパーティー募集に

快く入ってきてくれたManaDCの皆様たいへんお世話になりました!!

(これからもなります)(いやほんと)(土下座)



Namo_Minnesinger_2017_02_07_23_44_14.jpg 

特に【FC: Merry Friends】のみなさまにおかれましては・・・


「これじゃナモさんの修行にならない!」



装備入れ替えたりわざと範囲食らったり

モブを大量に釣ってきたり


ファイナルファンタジーXIV_20170105185249_mp4 


まぁ・・・野良PTではどんな状況になるか分かりませんしね・・・

そりゃあもう・・・

容赦のない思いやりに満ちたPTプレイで・・・


ええ。

その甲斐ありまして。


インスタンスダンジョンでは、どうにか味方をタゲれるようになりました!

詠唱に合わせて範囲回復できるようにもなりました(ボンヤリしてなければ)

迅速レイズもできるようになりましたよ!!(涙目)



Namo_Minnesinger_2017_02_21_01_29_30_20170308192003c4c.jpg 


先日正式にFCメンになってくださった、

パンデモ鯖が生まれた時からここで暮らしていたまゆさんも、

全ジョブカンストしているけどIDでは出したことがないと言っていたヒーラー。

一緒に緊張しながら突入して練習したりできてとっても楽しいです!




Namo_Minnesinger_2017_02_12_20_28_43.jpg 


話はそれますが、そういえば近頃はメンバーによるFC勧誘を、ほとんどやってなくて。

まゆさんのようにFCハウスを訪れて加入希望を申し出てくださる方

迎え入れる形になってます。


Namo_Minnesinger_2017_02_23_01_23_40_20170308192822bb9.jpg 

今まで一緒に遊んでいたフレンドが引退&FC解散してしまって

うちに身を寄せたメンバーさん、

Namo_Minnesinger_2017_02_12_20_24_25.jpg 


以前もメイン戦士のばもさんが、同じ境遇で加入申請して来られました。



レベルがカンストしているジョブがあるので新規さん&初見さんメンバーの

お手伝いやアドバイスによく参加してくださって有り難いです (´人`)

あと、わたしが居なかった頃の話がたくさん聞けるのが嬉しいです。


Namo_Minnesinger_2017_02_10_01_44_21.jpg 


まだエオルゼアに降り立ったばかり!という冒険者さんだけでなく、

こうしてたくさんの思い出を抱えてやってくる皆さんを見ていると

この世界でも長い時間が過ぎたんだなあ・・・って思います。





Namo_Minnesinger_2017_02_27_02_43_56.jpg 


話を戻しまして、ヒーラー修行。



あれからちまちまとIDに通って泣きながら(時には限界を超えて笑いながら)駆け抜け・・・


ついに再び、ここまできたのです。


201605131423223b5_20170308195636db9.jpg 

【Lv58 強行突入・イシュガルド教皇庁】


わたしにとってメインクエストとは別の意味でも、すごく特別なダンジョン。


2016051314404916c_20170308200100bd7.jpg 

はじめは吟遊詩人(DPS)でわけもわからぬままPTメンについていき・・・


Mac_Blu-ray_Player_4_20170308200058609.jpg 

やがて戦士(タンク)としてPTメンの先頭を走り・・・


Namo_Minnesinger_2017_02_23_00_11_45.jpg 

今度は白魔道士(ヒーラー)としてみんなの後ろを走ります!



ちょうど戦士でガクブル状態で教皇庁に挑戦するときに、

本職のヒーラーで一緒に来てくれたフレンドのりあさんが、

今度は育てたばかりの戦士(タンク)で参戦してくれました。




ジーンとすること、言ってくれました(´∀`*)


Namo_Minnesinger_2016_05_12_01_31_18.jpg 

「あの時ヒラでなもさまの背中を追いかけたんだよ!」


Namo_Minnesinger_2017_02_23_00_22_17.jpg 

「こんどは逆だよ!私がタンクで先頭を走るよ!」


りあさん、ちゃんと覚えててくれました。

ちなみに、なぜかいつもわたしを「なもさま」って呼びます。ナゾです。



Namo Minnesinger 2017_02_22 23_50_35 

新米白魔道士の墓場「教皇庁」。



わらわら襲い来る敵兵士たち、高火力の範囲攻撃に加えデバフの嵐&火力チェック。

ピュアヒーラーである白魔道士をこれでもかと苦しめるダンジョンですw



でも、ここを超えられなければ、Lv60から来る厳しい戦いに立ち向かえません!



DPSさんを介護しながら、全体攻撃へのディバインシール+メディカ準備!

クルセードスタンスを入れて火力チェックフェーズ!

敵の攻撃を覚えているところは、何か先に出来ることはないかと考えます。


ファイナルファンタジーXIV_20170222235915_mp4 


戦士で連続スタンがキツかった鉄巨人のブラックネビュラを

ホーリーで・・・止められない(外したw)!


ファイナルファンタジーXIV_20170223001419_mp4 


先にタンクでここに挑んでいて、本当に良かった・・・

「えっ!?」って慌てた瞬間がありませんでした。

大きな攻撃が来るタイミングが分かります。

ちゃんと回復できるかは置いといて。←



全部のジョブを触ってみるとき、わたしのオススメは断然

DPSタンクヒーラーの順ですね・・・!!



相変わらずテンパるし、いちばん難しいジョブはヒーラーだと思っているわたしですが、

なんとか教皇庁、超えることができました(涙)!


Namo_Minnesinger_2017_02_23_00_18_47.jpg 


やったーーーーヽ(;∀;)ノ




Namo_Minnesinger_2017_03_03_01_46_24.jpg

そしてついにレベルは60に到達!


長かった・・・!

長く苦しく、楽しい修行の日々でした!




白魔道士最後のジョブクエを受けたのは真夜中だったんですけど

ヒラ本職で散々スパルタ教育をしてくれた とんた師匠が、

天動零式4層クリアマウントのアリダイオス(ジオング)に

乗りながらラヤ・オ・センナ様の頭に重なって

パーフェクトラヤ・オ・センナ(足付きジオング)になって見守っててくれました。


Namo_Minnesinger_2017_03_03_01_45_54.jpg 

勝てる気がしない。

背後にはフェンリル(1000000MGP)にまたがったまゆさんも。

勝てる気がしない。



そして。

60になったからといって、すぐにレベル60のみなさんと

一緒にあちこちへ遊びにいけるわけじゃありません。

ここからは最新のコンテンツに行くためにアイテムレベルを148から

一気に260ぐらいまで上げなくてはいけません。



最新装備をゲットするためのトークンも吟遊詩人やタンク装備にあててしまってカラカラ。

お金はいつもない。



レベル60ルーレットもエキスパートダンジョンも

「IL足りないから行けないや〜!」と言いつつ

こつこつ集めていくか・・・と思っていた矢先に


Namo_Minnesinger_2017_03_07_00_56_25.jpg 

またしてもとんた師匠に一瞬で新式アクセを作って頂き・・・


Namo_Minnesinger_2017_03_07_00_55_47.jpg 

Namo_Minnesinger_2017_03_07_01_37_20.jpg 


たねさんの初見三闘神にヒラで・・・

行ってきました・・・よ・・・(バタリ)。




4人IDでヌクヌク育った育ちの良い(?)白魔道士です。

でも・・・

8人コンテンツはヒーラー2人なんですよ!!!

タンクも2人で、だれがどっちの回復をやるかなんて打ち合わせもほとんどありません。



すべて相方との阿吽の呼吸とか!!!

ニュータイプですか!!!


Namo_Minnesinger_2017_03_07_00_21_53.jpg 


はい。



同じくIDではヒラを出したことのないまゆさんが相方だったので、

安心して散らかしてきましたよ!そしてみごと一発クリア!

めちゃくちゃ慌てたけど・・・

ここに緑アイコンで来れるようになったんだな〜って

なんだか無性に嬉しくて、楽しかったです。タンクの時と同じ。



エオルゼアで過ごす時間のなかで、わたしみたいな

「極まではクリアする」といったプレイスタイルの冒険者にとって、



ヘタだとみんなの足を引っ張ってしまうような、

「攻略」と名の付くコンテンツに真剣に取り掛かる期間は本当に短いです。




ほかの時間はほとんど・・・

「全員タンクのクリタワ」とか「慣れないジョブ統一戦」とか

「タンクなしでエキルレ」とか・・・w




上手くなくてもレベル60のDPS・タンク・ヒラが少なくとも「出せる」状態であれば、

遊べる機会がめちゃくちゃ増えるんですよね!



そんなわけで。ヒーラーが出せるようになって、

タンクを育てて広がった世界が、また大きく広がりました。





そして翌日。

DPS、タンク、ヒーラーのジョブを1つずつカンストしたことに気づき、


Namo_Minnesinger_2017_03_06_23_02_58.jpg 


エオルゼアでの生涯では一生関係がないだろうな、と

思っていた事をひとつ思い出しまして。


わたしはエールポートに飛びました。


Namo_Minnesinger_2017_03_06_23_03_33.jpg 


メンターシステム。



≪メンターとは?≫
メンターは、初心者プレイヤーのサポートを行う存在です。
ゲームを始めたばかりの人が参加するチャットチャンネルで質問に答えたり、未クリア者がいるコンテンツに優先的に参加したりと、様々な機能を活用して初心者プレイヤーを手助けできます。

Namo_Minnesinger_2017_03_06_23_04_29.jpg 

≪メンターになるための条件≫
メンターになるためには、特定アチーブメントの達成と、各地にいるNPC“冒険者指導教官”による認定が必要です。 特定アチーブメントは「バトル用アチーブメント」と「ギャザラー/クラフター用アチーブメント」があり、どちらか片方をすべて満たしている必要があります。 

バトル用アチーブメント取得条件
・タンク/ヒーラー/DPSそれぞれのロールで1ジョブ以上でレベル60のジョブクエストをコンプリートしていること
・ダンジョン/討伐・討滅戦をトータルして1000回以上クリアしていること
・MIPを計300回以上獲得していること



あまりに遠すぎる取得条件に、うわー絶対になれないや!と思っていたわたしです。

サクッとクリアをお手伝いできるほど、プレイが上手いわけじゃないし・・・と、

メンターの意味を誤解していたわたしです。小学生か。



実際、今まで出会ってきたメンターさんたちの多くは・・・

全てのダンジョンのギミックやジョブのスキルを完璧に理解しているとは限らず、

絶対にミスをしない、すごく上手い人とは限りませんでした。



ただひとつ、


「積極的に攻略に付き合ってくれる姿勢」

「他人とコミュニケーションを行おうとする姿勢」


が常にある人たちでした。


Namo_Minnesinger_2017_03_06_23_05_15.jpg 

条件に「上手いこと」って、一切書いてないんですよね。



知らない人と組んで挑むダンジョンは怖いけど、ドキドキしてとても楽しいものです。

ただ、運悪く、余裕ある気持ちと言葉を持たない冒険者さんに当たってしまい、

キツい言葉に恐怖し、心折れてエオルゼアを去ってしまう人もいます。



わたしは1年とちょっとの冒険の中で、たくさんの人たちと出会い、別れ、


「飽きるならともかく、
 折れてやめていく人だけはもう見たくない」


そう強く思うようになりました。


Namo_Minnesinger_2017_03_06_23_04_52.jpg 


メンターって

そういう人をひとりでも減らす可能性を秘めた存在でもあると、

わたしは思うようになりました。




だとしたら・・・

その姿勢だけはへたっぴのわたしにもあります!


今まで吟遊詩人で頂いてきた「ドンマイ票」も含めてMIPは400になっていました・・・!




「同意」にチェックして、「はい」を押したとき、

教官が「ありがとう!」と言ってくれました。

ちょっと泣きそうになりました。

Namo_Minnesinger_2017_03_06_23_05_46.jpg 


この日、またひとり、弱腰のメンターが誕生です。


Namo_Minnesinger_2017_03_06_23_06_16.jpg 


Namo_Minnesinger_2017_03_07_01_18_44.jpg 


今回はまず資格を頂いただけで、まだチャットの表示も設定しておらず、

積極的な新人さん支援活動はこれからもFCが中心ですが、

知っていることならこれからも、どこで出会ってもお話できますし、

微力ながらお手伝いもできると思います(ノーミスはムリよ!)。



いつかメンタールーレットで初見さんのいるPTに

飛び込んでいった日は、どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m


王冠マークを付けてますが、たぶん涙目です。←
関連記事
スポンサーサイト
上から読んでいって、なぜか顔出しNGの手振り写真のまゆさんと
「今まで一緒に遊んでいたフレンドが引退&FC解散してしまってうちに身を寄せた」のはずなのにまったくそうは思わせない自信たっぷりに見える写真のばもさんにクスっときましたw
[ 2017/03/08 21:40 ] [ 編集 ]
Re: esbeeさん
アウラ女性とハイランダー男性の気質の違いかもしれませんw (*´ω`)
[ 2017/03/09 18:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

ナモ

Author:ナモ


2015/7月から
Pandemonium鯖在住の


Namo Minnesingerナモ  ミンネジンガーです。
(旧Namomo Namo)

メイン:吟遊詩人 
サブ:ナイト
   白魔道士



この世界の終わりに立ち会う

大目標のもと、のんびり気ままに

過ごす500歳のララフェルの

FF14SS日記です。


お役立ち情報はないです。




[所属FC:merry friends]

“mf”

↑ごあんない(Click)


自己紹介的なものはコチラ
Lodestone



[紅蓮カウントダウン応援!]

“カウントダウン”




Copyright ©2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

最新記事
2年駆けたせかい【ベテランリワード720と4.05】 Jul 21, 2017
やってたことまとめ【+FCつれづれin紅蓮】 Jul 11, 2017
紅蓮のアーリーアクセス紀行録【※微バレSSあり】 Jun 27, 2017
これは、心を育てるファンタジーだ【紅蓮前夜】 Jun 15, 2017
紅蓮目前のソワソワDAYS【+FCつれづれ】 Jun 10, 2017
探検学者、真骨頂!【世界設定で喋ろう会Ⅱ】 Jun 05, 2017
新アイテムとフェスとツインタニアと。 May 31, 2017
やがて旅人は夕日に溶けていった【FCつれづれ】 May 29, 2017
紅蓮カウントダウンSTART【+FCPRキャンペーン】 May 21, 2017
パンデモ新歓祭【おつかれさまでした!】 May 14, 2017
Twitter...
visitor